悪魔城からお答えしましょう

質問を頂いたのでお答えしましょう。

Q11. XAmatalってなんすか?

最近ちょっと生活に困っていまして、悪魔城で水面から飛び出す奴のバイトをしながら細々と生活しています。

そんな折に佐々木を見かけたのですが、その時の佐々木はコウモリを追いかけながら嬉々としてナイフを投げていました。
チェーン鞭はどうしちゃったんでしょうね。

それはさておき、バイト仲間にXAmatalについて聞いてみたんですが、XAmatalについて知っている人はいませんでした。
黒ヒョウさんは壁の中に隠れている婆さんのことじゃないか?と言っていましたが、真偽の程は定かではありません。

お力になれず申し訳ありません。

ペリ王国では引き続き質問を募集中です。

引き続きお答えしましょう

質問を頂いたのでお答えしましょう。

Q9. モッツァレラチーズの「もっつぁれら」をチーズ以外の場面で使い道が分かりません。
他にどのようなときに「もっつぁれら」を使ってよいのか使い方を教えてください。

頭痛・月経痛(生理痛)・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・咽喉痛・歯痛・抜歯後の疼痛・打撲痛・ねんざ痛・骨折痛・外傷痛・耳病の鎮痛の時に1日2回を限度とし、なるべく空腹時を避けて使うといいと思います。

Q10. チェーン鞭の取り方が分かりません。
教えてください。

JR新宿駅の南口から山手線内回りのホームへ下りる階段の裏側の壁を壊してみてください。

ペリ王国では引き続き質問を募集中です。

悪いけどお答えしましょう

東京にも雪が降りましたね。
雪を見ると何となくわくわくしてしまうのは私だけでしょうか。
まぁ、あまり雪が降らない場所に住んでいるからなんでしょうけど。

それはさておき、質問を頂いたのでお答えしましょう。

Q7. 「悪いけど死んでます」という言葉が常識的に使われていますが、何が悪いのかを教えてください。
こればっかり考えてしまい、夜も眠れないので昼間寝ています。
よろしくお願いします。

まず最初にはっきりさせておきますが、「悪いけど死んでます」という言葉を常識的に使う人間を、私自身を含めて二人しか知りません。私とH氏です。
この素晴らしいセンテンスを発明した本人でさえ常識的には使っていないでしょう。

そして、何が「悪い」かですが、明らかに悪いのはH氏です。
寝てる暇があったら反省してください。

Q8. マスオさんのキャラに唯一勝てるアニメキャラがひとり存在すると聞きましたが、一体誰なのでしょうか?
竹輪の神様、どうかお願いします。

いるわけねーじゃん、そんなの。
現実世界なら、江ノ島あたりにいそうだけどネ。

ペリ王国では引き続き質問を募集中です。

どんどんお答えしましょう

またまた質問を頂いたのでお答えしましょう。

Q5. ブロッケンマンとブロッケンジュニアとガチャピンの見分け方が分かりません。
良い選別方法を教えてください。

ブロッケンマンは光合成できますが、ブロッケンジュニアは光合成できません。
ガチャピンは太陽の下では生きていけません。
ですので、太陽の下に連れて行けば「酸素を出す」か「二酸化炭素を出す」か「死ぬ」かで選別できます。

Q6. 「何もいえなくて夏」というのはみんな知っていると思いますが、
私も春と秋と冬に何も○○できないのかが分かりません。
是非教えてください。

この件についてはかなり古くから議論されているのですが、「何もいえなくて夏」と言えるか、という問いに対しては、「言えないのに言えるとは何事だ」という結論に落ち着きます。

しかし、「何もいえなくて」以外の「何も○○できない」については、言えることが容易に確認できるために、議論の対象になりません。

したがって、季節を問わず、「何もいえない」と言えるのではないでしょうか。
「何もいえない」ので言えませんが。

ペリ王国では引き続き質問を募集中です。

久しぶりにお答えしましょう

待望の質問を頂いたのでお答えしましょう。
危うく自作自演に走るところでした。

Q4. 最近EDぎみなんですが、どうすれば毎晩オギンオギンになりますか?
具体的なアドバイスをおねがいします。

まず初めに、EDは決して恥ずかしいことではありません。
プレイスタイルによっては、むしろEDの方が望ましいケースもあります。

通常は、低音弦(6弦)から順にEADGBEの音程にチューニングすると思います。
このうち6弦のチューニングをEではなくDにするのが、俗に言うEDです。
一般的なコードを弾く場合は6弦をミュートする必要がありますが、パワーコード中心のハードロックスタイルであれば、むしろ望ましいチューニングと言えます。

EDかそうでないかよりも、大切なのはチューニングのやり方です。

一般的に精度が高いとされるハーモニクスによるチューニングは、実はお勧めできません。
お互いの弦のうねりが突然消えて音程がぴったり合う瞬間は非常に心地よいのですが、弦が離れるにつれ微妙なチューニングのズレが発生して、あまりよろしくありません。

例えば音叉を使って5弦をチューニングしたら、残りの弦はすべて5弦に対してチューニングするようにすると、このズレを最小限に抑えることができます。

是非一度お試し下さい。

ペリ王国では引き続き質問を募集中です。